横浜 浦和に痛恨敗戦で2位確定逃す レオ・セアラ8戦ぶりゴールで10得点目も

[ 2021年11月21日 05:30 ]

明治安田生命J1第36節   横浜1-2浦和 ( 2021年11月20日    埼玉 )

横浜のFWレオ・セアラ
Photo By スポニチ

 横浜は勝てば来季のACLに本大会から出場できる2位が確定できたが、痛恨の黒星で持ち越しとなった。

 意表を突くFKと速攻から2失点。終盤は猛攻して0―2の後半40分にFWレオ・セアラがシーズン2桁得点に乗せる8試合ぶりのゴールを決めたが、反撃は及ばず終戦した。

 FW仲川は「相手の守備が良かったのはあるが、その前に自分たちのミスが多かった」と反省した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2021年11月21日のニュース