サンプドリア・吉田 インテルに続きユーベからも決めた!今季2点目をネット絶賛「強豪キラー」

[ 2021年9月26日 21:34 ]

セリエA第6節   サンプドリア2―3ユベントス ( 2021年9月26日 )

ユベントス戦でクルゼフスキ(左)と競り合うサンプドリアのDF吉田(AP)
Photo By AP

 サンプドリアの日本代表DF吉田麻也(33)が26日、敵地でのユベントス戦に開幕から6試合連続で先発出場を飾ると、0―2とリード許した前半44分に今季2点目を決めた。試合は2―3で敗れたが、今季初得点を決めた昨季王者インテル・ミラノ戦に続きイタリアの名門クラブから立て続けにゴールを奪う活躍を見せた。

 吉田はこの日もCB(センターバック)として先発出場。チームは開始10分にアルゼンチン代表FWディバラに鮮やかなボレーシュートを決められ先制を許すと、同43分にはPKから失点。それでも直後のCK(コーナーキック)の流れからゴール前に残っていた吉田は味方のクロスを頭で合わせ今季2点目を決めた。

 イタリア代表DFボヌッチとの競り合いを制したゴールにネット上は「ユベントス相手にゴールキター!!」「ボヌッチに競り勝つとか凄すぎる」「ボヌッチに競り勝つなんて、やっぱり日本最高のCBって感じ」と大盛り上がり。さらにインテル・ミラノ戦に続く強豪からの得点に「インテル、ユーベから得点ってマジ」「ストライカーとして覚醒したんか」「大迫より凄いんじゃないか」「強豪キラーや」「セリエA得点ランキング13位の男」など様々な声が飛び交い、吉田の活躍に注目が集まっていた。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2021年9月26日のニュース