Jリーグ 新規外国人選手の特例入国、今月下旬にも可能な見込み

[ 2021年7月17日 05:30 ]

 Jリーグの今夏加入予定の新規外国人選手や同スタッフについて7月下旬にも特例入国できる見込みとなったことが16日までに分かった。Jリーグでは徹底した防疫措置の上で入国し隔離措置後に合流できるよう、関係各所との調整を進め、受け入れ準備を整えた。今後は査証が発給され次第、入国可能となる見通しで各クラブにも通達された。当初は東京五輪後の入国となる可能性もあったが、夏の移籍期間(16日~8月13日)で新外国人選手が加入予定の各クラブにとっては朗報。隔離期間を経て8月中旬にも各クラブに合流できる見込みとなった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2021年7月17日のニュース