経営危機の仙台、9月に「緊急募金」開始 道渕騒動公表せず…ネットでは「隠蔽」の声も

[ 2020年10月20日 22:05 ]

仙台、MF道渕諒平と契約解除

記者会見するJ1仙台の菊池秀逸社長(中央)ら
Photo By スポニチ

 仙台は新型コロナウイルスの影響による入場料収入の減少などが響き、今期末は3億800万円の債務超過に陥る見通し。18年から2期連続の赤字で、Jリーグの規定では3期連続赤字もしくは、債務超過でクラブライセンス剥奪となる。

 リーグは今年度に限り特例措置を設けたが、仙台は9月26日から「クラブ緊急募金」としてクラウドファンディングを開始。道渕の騒動が公表されていなかったことに、ネット上では資金集めに影響が出るのを恐れた「隠蔽(いんぺい)だ」という書き込みであふれた。6日現在の支援額は1512万円。来年1月16日まで実施するが、目標の3000万円到達は厳しい情勢だ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2020年10月20日のニュース