FC東京・長谷川監督 湘南戦は「どちらが走りきれるかの戦いに」 前節初ゴールのルーキー安部に期待

[ 2020年8月22日 18:12 ]

練習するFC東京のMF安部(C)F.C.TOKYO
Photo By 提供写真

 FC東京は22日、都内で非公開練習を行った。あす23日にホームで湘南と対戦する。トレーニング後に長谷川健太監督(54)がオンラインで取材に応じ、対湘南は直近6試合負けなしながら「昨季の終盤もホームで先制されて、最後の最後で追いついた試合だった」と警戒。ポイントを「気持ちを前面に出して戦ってくるので、アグレッシブに彼らを上回れるかが大事。連戦の3戦目で疲労はあると思うが、どちらが走りきれるかという戦いになる」と話した。

 19日の広島戦では試合終了間際に追いつかれ、勝ち点を分け合った。そんな中、大卒ルーキーのMF安部柊斗(22)がプロ初ゴールを決めたことについて「インサイドハーフが点を取ると攻撃に厚みがでる。これまで惜しい場面には顔を出せていて、最後の精度が課題だった。広島戦で結果を残せたのは自信になったと思う」とし、「あのポジションの選手が得点に絡むと相手も守りにくい」と若武者のさらなる活躍に期待した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2020年8月22日のニュース