名古屋・金崎、コロナから回復して練習合流「全力でグランパスのために戦いたい」

[ 2020年7月1日 05:30 ]

金崎夢生
Photo By スポニチ

 新型コロナの陽性反応を受けた名古屋の元日本代表FW金崎が6月30日、全体練習に合流した。クラブを通じて「大変ご心配をおかけしました。また、医療従事者の皆さまには感謝の気持ちでいっぱいです。サッカーができる環境を整えていただいた方々にも感謝し、全力でグランパスのために闘いたいと思います」とコメントした。金崎は6月2日に陽性反応を受け、愛知県内の病院に入院。同15日に退院したが、その後は別メニュー調整が続いていた。同じく陽性反応を受けたGKランゲラックはすでに全体練習に復帰し、7月4日の清水戦(アイスタ)へ向けて調整を進めている。

 
 【J初!車で応援】Jリーグ初となる「ドライブインパブリックビューイング」を開催すると発表した。対象試合は7月12日のC大阪戦(ヤンマー)。同10日から一部観客の入場が認められるが、アウェーサポーターの遠征はできないことから、クラブは新型コロナウイルス感染防止対策にも配慮した新しい応援方式を考案した。場所はトヨタ自動車株式会社本社グラウンドで最大220台が参加可能。当日はキッチンカーも登場する。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年7月1日のニュース