C大阪 約2カ月ぶり練習 ロティーナ監督「慎重にいきたい」

[ 2020年5月25日 13:50 ]

オンライン上で報道陣の取材に応じるC大阪・ロティーナ監督

 C大阪は25日、約2カ月ぶりに練習を再開し、指揮を執るロティーナ監督は「慎重にいきたい」などと今後の見通しを語った。

 この日は選手をグループに分け、時間差を設けてトレーニングを実施。新型コロナウイルスの影響から、接触のあるメニューなどは実施されなかった。

 選手たちが練習場で汗を流すのは久しぶりということ、そしてリーグ再開日が正式に決定していないことから、指揮官は徐々にコンディションを上げていく狙いを語った。

「サッカーの環境に慣らしていかないといけないし、ケガのリスクが多いから慎重にいっています。再開日が決まれば、もし可能なら相手も入れたメニューもやっていきたいが、再開日が決まるまではプランニングはできない」

 現状で6月下旬もしくは7月上旬とされるJ1の再開日。その日時が正式決定してから、逆算したメニューを組んでいく。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年5月25日のニュース