原口 今季5点目 リーグ再開後の日本人1号「サッカーできるのは最高です」

[ 2020年5月25日 05:30 ]

<ハノーバー・オスナブリュック>後半、ゴールを決め祝福される原口(左から2人目)
Photo By 共同

 ハノーバーの日本代表MF原口は23日のオスナブリュック戦でリーグ再開後日本人1号となる今季5点目をマーク。直後に自身のSNSで「少しでもいいニュースが届けられるように頑張ります。どんな形でもサッカーできるのは最高ですね」と喜びをつづった。

 1―2の後半30分に同点につながるPKを獲得し、3―2の後半40分には2人抜きからのミドル弾を決めて4―2の逆転勝利に貢献。コチャク監督は「よく逆転してくれた」とチームを称えた。

 《観客席に1万人の仮想サポーター?》○…無観客で再開したドイツ1部の試合で、観客席に大勢の“仮想サポーター”が出現した。23日のボルシアMG―レーバークーゼン戦でスタンドにサポーターの顔写真を貼り付けた1万3000枚のボードが並べられた=写真、ロイター。ボルシアMGサポーターが企画、作製したもので、希望者はオンラインで19ユーロ(約2200円)を支払って顔写真を送付。収益の一部はクラブの慈善団体などに支払われる。ボルシアMGは1―3で敗れたが、GKゾマーは「試合の雰囲気をつくり上げてくれた。素晴らしいアイデアだ」と新たな試みを称賛した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年5月25日のニュース