神戸・フィンク監督、リーグ再開に向け抱負「家で見ている人を魅了したい」

[ 2020年5月25日 13:37 ]

オンライン上で報道陣の取材に応じる神戸・フィンク監督

 神戸は25日、グループトレーニングを開始し、指揮を執るトルステン・フィンク監督(52)はリーグ再開に向けて「家で見ている人を魅了したい」などと今後への抱負を語った。

 この日は選手をグループに分け、時間差を設けて練習を実施。「何週間後からは全員で練習できることを望んでいる」と語った指揮官は、リーグ再開当初は無観客での試合となることを想定し、思いを語った。

 「我々ヴィッセル神戸はポゼッションサッカーをして、サポーターを魅了するサッカーをしたい。再開したとしても、ファンやサポーターがスタジアムに来られない状況になるかもしれないが、家で見ている人を魅了できるようなサッカーをしたい」

 元スペイン代表MFイニエスタを筆頭に多くの実力者を抱えるチームは、6月下旬もしくは7月上旬とされるリーグ再開へ徐々にコンディションを上げていく。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年5月25日のニュース