神戸MF安井 おうち時間で簿記トレ&読書!?リーグ再開へプレーに“深み”を

[ 2020年5月24日 05:30 ]

オンライントークショーでサポーターと交流する安井(C)VISSEL KOBE
Photo By 提供写真

 神戸のMF安井拓也(21)が23日、リーグ再開に向けて「簿記」トレをしていることを明かした。ファンクラブのゴールド会員向けにオンライントークショーを実施。チームの活動が休止している中、現在の過ごし方を問われ「英語や簿記をしています。“初めての簿記”を買いました」と珍回答をした。

 決してサッカーを諦めたわけではなく、昨年に元日本代表DF西から「いろんな分野に興味を持て」と助言を受け、陶芸などにも挑戦。人間としての深みがプレーに余裕を生み出し、出場機会は飛躍的に増えた。

 簿記だけでなく、最近は『目標設定の技術』という本を読み「短期、中期、長期の目標を分けて書き出した」という。実績は少なくても、1年延期となった東京五輪を「目標」にしていい存在だ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年5月24日のニュース