川崎F「フロンパーク」オンライン版が本格稼働 地域経済の活性化目指す

[ 2020年5月24日 05:30 ]

「フロンパーク」オンライン版に登場した登里

 川崎Fのホームゲーム開催時にスタジアムの場外で開催される「フロンパーク」のオンライン版が23日、本格的に稼働した。

 ウェブ会議システムRemoを使用。ファンと地域や企業をつなぎ経済を活性化させることが目的で、この日はMF中村、FW小林ら6選手が参加。トークショーなど約2時間、大いに盛り上がった。スキマスイッチの常田からプレゼントされたマイクで登場した中村は「Remoの可能性をたくさん感じた」と今後に期待した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年5月24日のニュース