浦和・レオナルド、ブラジルでのプレー“否定”「日本代表でプレーしたい」

[ 2020年4月6日 05:30 ]

浦和・FWレオナルド
Photo By スポニチ

 浦和のFWレオナルドが母国ブラジルのテレビ番組「プリメイロテンポ」にビデオ通話で取材に応じ、かねて目標としている日本国籍取得やコロナ禍が深刻さを増す現状について語った。

 「浦和との契約は5年。ブラジルに戻ることは考えていない。日本国籍を取得して日本代表でプレーしたい」。現在は来日3年目、取得条件となる5年間在住と同時に、日本語も勉強中だ。J1の再開が6月以降に再延期され、チームも18日まで活動休止となった。「1月に来日した家族が支え。外出は控えている。早くこの問題が解決されてほしい」と話した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年4月6日のニュース