イニエスタ 故郷病院にベッド20台寄付 マスクなどさらなる支援物資も準備

[ 2020年4月5日 05:30 ]

神戸の元スペイン代表MFイニエスタ
Photo By スポニチ

 神戸の元スペイン代表MFイニエスタが、新型コロナウイルスの感染が拡大しているスペインの故郷アルバセテの病院にベッド20台を寄付した。3日までにマルカなどスペイン地元メディアが報じた。

 さらにマスク、手袋、消毒ジェルなどの支援物資を送る準備を進めているという。ともにボランティア活動を行っているアルバセテ在住の父ホセアントニオ氏は「医療関係者を助けるために、必要な物を届けたい」と語った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年4月5日のニュース