神戸 施設業務停止を12日まで延長…1日には関係各所を消毒済み

[ 2020年4月5日 05:30 ]

消毒滅菌作業が行われた神戸のクラブハウスと選手寮(C)VISSEL KOBE
Photo By 提供写真

 神戸は神戸市内のクラブ事務所や本拠地のノエビアスタジアムなどの業務停止期間を、当初予定していた5日までではなく、12日まで延長すると発表した。

 クラブでは元日本代表DF酒井をはじめ選手、関係者計3人が新型コロナウイルスへの感染が発覚しており、1日に関係各所を消毒したばかりだった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年4月5日のニュース