本田、ボタフォゴデビュー戦でゴール 先制PK決める チームはドロー

[ 2020年3月16日 07:10 ]

バングー戦の前半、PKを決め喜ぶボタフォゴの本田(右)
Photo By 共同

 サッカーのブラジル1部リーグ、ボタフォゴに加入した元日本代表の本田圭佑は15日、本拠地リオデジャネイロの五輪スタジアムで行われたリオデジャネイロ州選手権のバングー戦でデビューし、前半にPKで先制点を挙げた。

 試合は後半に追い付かれて1―1で引き分け、先発出場の本田は途中交代で退いた。試合は新型コロナウイルスの感染拡大を受けて無観客で行われた。(共同)

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年3月16日のニュース