橋岡、右WBで運動量見せた「戦えることを証明していきたい」

[ 2019年12月11日 05:30 ]

E―1選手権   日本2―1中国 ( 2019年12月10日    韓国・釜山九徳 )

後半、橋岡 (撮影・大塚 徹)
Photo By スポニチ

 橋岡は、右ウイングバックとして先発出場し、国際Aマッチデビューを飾った。前半31分には相手の足が頭に当たり倒れ込んだが、その後もプレーを続行。

 足をけいれんさせ後半39分に途中交代するまで、必死にアップダウンを繰り返した。東京五輪のメンバー入りを目指す20歳は「チームの勝利に貢献してチームのために戦えることを証明していきたい」とさらなるアピールを誓った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2019年12月11日のニュース