鳥栖、U22韓国代表GKソンボングン獲得へ 本人もJリーグでのプレー前向き

[ 2019年12月11日 05:30 ]

 J1残留を果たした鳥栖が、全北のU―22韓国代表GK宋范根(ソンボングン)(22)の獲得に動いていることが10日までに分かった。

 宋は今季リーグ3連覇を果たした全北、東京五輪を目指すU―22代表で正GKとして活躍。1メートル96の長身を誇り、将来A代表のゴールマウスを守ることが確実視されている逸材だ。今季はACLで浦和とも対戦しており本人もJリーグでのプレーを前向きに検討しているようで、移籍が濃厚となっているという。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2019年12月11日のニュース