橋本、攻守に存在感 井手口と連係手応え「徐々に良くなっていった」

[ 2019年12月11日 05:30 ]

E―1選手権   日本2―1中国 ( 2019年12月10日    韓国・釜山九徳 )

前半、橋本 (撮影・大塚 徹)
Photo By スポニチ

 橋本は、ダブルボランチの一角でフル出場し、攻守に存在感を示した。中国の激しいプレーにも負けることなく、球際の強さを発揮。攻撃面でも冷静なパスワークでリズムをつくった。「タフなゲームでしたけど、修正しながらできた」。

 コンビを組んだ井手口との連係も良く「コミュニケーションを取りながらやっていたし、徐々に良くなっていった」と手応えを口にした。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2019年12月11日のニュース