モウリーニョ氏 ドルトムントの監督に就任か?

[ 2019年10月23日 22:12 ]

モウリーニョ氏(AP)
Photo By AP

 昨年12月までイングランド・プレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッドを率いていたジョゼ・モウリーニョ氏(56)が、ドイツ1部ドルトムントの監督に就任する可能性が浮上した。23日付の英紙デーリー・ミラー(電子版)が報じた。

 母国ポルトガル1部のポルト、セリエAのインテル・ミラノを欧州チャンピオンズリーグ(CL)優勝に導いているモウリーニョ氏は現在、テレビ解説者を務めながら新天地を探している。ドイツ紙ビルトによると、モウリーニョ氏はドルトムントと定期的に連絡を取っており、就任に備えてドイツ語の勉強もすでに始めているという。

 ドルトムントはドイツ1部リーグ(ブンデスリーガ)で開幕8試合を終えて4勝3分け1敗の勝ち点15で4位。現時点でリュシアン・ファーブル監督(61)が解任される状況にはないが、成績が安定しないことから、クラブ側は長期的ビジョンに立って監督人事を協議しているという。

 これまでモウリーニョ氏にはイングランド・プレミアリーグのトットナム、スペイン1部レアル・マドリードなどの監督に就任する可能性が伝えられている。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年10月23日のニュース