大迫、日本人対決でヘッド弾 乾所属のエイバル下す

[ 2019年7月29日 05:30 ]

親善試合   ブレーメン4-0エイバル ( 2019年7月28日    ドイツ・グラッサウ )

ブレーメンの大迫
Photo By 共同

 ブレーメンFW大迫が日本人対決でゴールを決めた。キャンプ地のドイツ・グラッサウで行われた親善試合でMF乾の所属するエイバルと対戦。先発で後半17分までプレーし、交代直前の16分に頭でチーム2点目を決めるなどシーズン開幕に向けて仕上がりの良さをアピールした。

 一方、2季ぶりにエイバルに復帰した乾は、25日に合流してから初めての実戦に先発して後半19分に交代。前回在籍した15~18年は背番号8だったが、この日は18番でプレーした。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年7月29日のニュース