川崎F田中 ルヴァン杯決勝Tへ「まず名古屋に勝ってタイトル獲る」

[ 2019年7月29日 05:30 ]

YBCルヴァン杯準々決勝の組み合わせ抽選後、写真に納まる(左から)広島の東、札幌の鈴木、FC東京の永井、G大阪の食野亮、鹿島の三竿、浦和の橋岡、名古屋の相馬、川崎の田中
Photo By 共同

 Jリーグのルヴァン杯決勝トーナメントの組み合わせ抽選が28日に都内で行われ、リーグ2連覇中で初のカップ戦タイトルを目指す川崎Fは名古屋と対戦することが決まった。

 抽選に参加した東京五輪世代のMF田中は決勝トーナメントからVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)が導入されるとあって「シビアなゲームになると思う」と予想。その上で「まずは名古屋に勝ってタイトルを獲れるように」と意気込みを語った。

 また、ACL準々決勝に駒を進めている浦和と鹿島の対戦が実現。鹿島MF三竿は「全て勝ちたいです」と力を込めた。ホームアンドアウェー方式の準々決勝は9月4日と8日、準決勝は10月9日と13日に行われ、一発勝負の決勝は10月26日に埼玉スタジアムで行われる。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年7月29日のニュース