横浜FWジュニオ、左足骨折で全治3カ月 得点源が離脱…

[ 2019年7月29日 05:30 ]

20日横浜F・神戸戦前半、先制ゴールを決める(左)横浜・ジュニオ(撮影・後藤 正志)
Photo By スポニチ

 横浜のFWエジガル・ジュニオ(28)がサンパウロ市内の病院で手術を受け、「左足関節骨折」で全治3カ月の見込みと診断されたと発表した。

 ECバイーア(ブラジル)から期限付きで今季加入しJ1・16試合でリーグトップの11得点を挙げていたが、20日の神戸戦で負傷した。現在、首位のFC東京を勝ち点3差で追うチームにとっても、痛い離脱となった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年7月29日のニュース