福岡 吉本が期限付き移籍期間終了で清水へ完全移籍、新潟から加藤が期限付き移籍加入を発表

[ 2019年7月29日 18:59 ]

 J2福岡は29日、DF吉本一謙(31)の期限付き移籍期間終了およびJ1清水への完全移籍、J2新潟からMF加藤大(28)が期限付き移籍加入することを発表した。

 昨夏にFC東京から期限付き移籍加入した吉本は18年にリーグ戦11試合出場、今季はケガもあり7試合の出場にとどまっていた。吉本は「まず1年前、アビスパ福岡をJ1昇格させるために来たのにもかかわらずそれを達成出来なかったことを謝りたいと思います」と謝罪し、悩み抜いた末の決断となったことをつづり「自分に良くしてくれた街やチームが苦しんでいる中移籍を決断した事、本当に申し訳ありません。全ての思いを背負いこれからも頑張ります。本当にありがとうございました」とクラブを通じコメントした。

 加藤は今季、新潟でリーグ戦16試合に出場。「苦しい状況にいるチームを助けられるように、日々全力で取り組んでいきます」とクラブを通じ意欲を語った。
  

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年7月29日のニュース