神戸 9人目の外国人はバルセロナのベルギー代表DFフェルマーレン!近日中にも発表か

[ 2019年7月24日 22:12 ]

17年の親善試合で、日本代表の大迫勇也(右)と競り合うベルギー代表フェルマーレン
Photo By スポニチ

 9人目の外国人はバルセロナのベルギー代表DFだ。神戸が今夏の緊急補強として、スペイン1部バルセロナに所属するベルギー代表DFトーマス・フェルマーレン(33)を完全移籍で獲得することが24日、濃厚となった。来日しているフェルマーレンとの交渉は詰めの段階で、近日中にも正式発表される可能性がある。

 センターバックを主戦場とする左利きのフェルマーレンは、アヤックスやアーセナルなどを経て14年にバルセロナに加入。1年間のローマへの期限付き移籍後、17年にバルセロナへ復帰して定位置を確保した時期もあった。ベルギー代表としても、国際Aマッチ74試合出場を誇る。

 神戸にとって9人目の外国人選手で、リーグワースト2位の失点を喫している守備面の立て直しを期待されるベテランDF。元スペイン代表MFイニエスタ、同FWビジャに続いてフェルマーレンが加わることで、各ラインにバルセロナでプレーした選手が揃うことになる。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2019年7月24日のニュース