FC東京、4発快勝で“久保ロス”払拭!2位横浜下して首位を死守

[ 2019年6月29日 20:56 ]

明治安田生命J1第17節   FC東京4―2横浜 ( 2019年6月29日    味スタ )

後半、ゴールを決め喜ぶFC東京・ディエゴ・オリヴェイラ(左)と永井(撮影・西海健太郎)
Photo By スポニチ

 首位のFC東京は日本代表FW永井が得点を決めるなど2位・横浜に4発逆転勝ち。攻撃の要だったMF久保のRマドリード移籍決定後2連敗を喫していたが、怒とうのゴールラッシュで“久保ロス”を払拭した。

 前半15分に先制点を献上し、スタジアムに不穏な空気が流れる中で攻撃陣が奮起。同17分にこれまで久保が務めてきた右サイドで先発出場したMFナ・サンホが同点弾。同38分にはFW永井が技ありのゴールを決め、2―1とリードして前半を折り返した。

 後半に入っても攻撃の手を緩めず、同10分にFWディエゴ・オリベイラがリーグ戦8試合ぶりとなるゴール。ディエゴ・オリベイラは同17分にこの日2点目となる今季9ゴール目を決め、得点ランキングトップに躍り出た。

 終盤に1点を失ったものの、会心の逆転劇で首位攻防戦を制したFC東京。スタンドから試合を見守った久保に勝利を届けた。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年6月29日のニュース