C大阪 上位進出へロティーナ流夏場対策、短時間練習で質高く

[ 2019年6月29日 05:00 ]

非公開練習後に報道陣の取材に応じるC大阪・ロティーナ監督
Photo By スポニチ

 C大阪はロティーナ流の夏場対策で浮上を目指す。30日の湘南戦(BMWス)に向け、28日に大阪市此花区で非公開調整。これまでよりも練習時間を短縮した指揮官は「暑い中では、短い時間で質の高いトレーニングをして疲労をためないことが重要になる」と意図を説明した。練習時間も、今後は暑さが和らぐ夕方以降に変える予定だ。

 現在9位で、7勝2分け7敗と星取りは五分。工夫をしながら、上位グループへと割って入る。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年6月29日のニュース