久保 A代表デビュー前に“一発芸”決めた!18歳誕生日に先輩たちから手荒い“パス”

[ 2019年6月5日 05:30 ]

国際親善試合   日本―トリニダード・トバゴ ( 2019年6月5日    豊田ス )

笑顔でアップする久保(右から3人目)ら日本代表イレブン(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 日本代表は5日、国際親善試合トリニダード・トバゴ戦(豊田ス)に臨む。試合前日の4日は、MF久保建英の18歳の誕生日にして、海外移籍解禁日。スペインの名門、レアル・マドリードなどから熱視線を浴びる日本の至宝の国際Aマッチデビューへの期待が高まる中、試合より一足早い“一発芸”デビューでチームに溶け込んだもようだ。

 国際Aマッチの前に“一発芸”でデビューへ――。「誕生日はいつも特別。でも、こういう場で迎えられるのはうれしい」。この日迎えた18歳の誕生日。そんな久保に、先輩たちから手荒い“パス”が飛んだ。前日練習後、「宿題を与えました」とDF槙野。先輩たちから誕生日を自ら祝う一発芸を宿舎の食事会場で披露するよう要求された。対応力抜群な久保は「もうできています」と即答したという。

 海外では、チームの輪に溶け込むための登竜門ともいえる一発芸。18歳の誕生日を迎えて海外移籍が解禁された久保には、海外のビッグクラブが獲得に動いている。仮に破格の年俸を提示して獲得に動くレアル・マドリードへの移籍が実現すれば、一発芸は避けては通れない道。先輩たちからの宿題は、一足早い“予行演習”にもなった。

 森保監督は直前まで起用を熟考する予定だが、デビューを果たせば、98年の市川大祐の17歳322日に次いで2番目の年少記録、得点を決めた場合は最年少ゴールとなる。「18歳は若くない。18歳で試合に出ているからといって、22歳、23歳の時に約束されていることは何もない。今日が18歳とゼロ日。365や363も18歳と同じくくり。そういう意味ではもうちょっとやらないといけない」。18歳は、日本では22年4月から成人年齢となる立派な大人。一足先に一発芸でデビューしたとみられる久保の、一回り大きくなった姿がピッチで見られる。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「コパ・アメリカ(南米選手権)」特集記事

2019年6月5日のニュース