神戸イニエスタ 復帰は6月中旬以降、吉田監督は渋い表情

[ 2019年5月26日 05:00 ]

頭を抱えるイニエスタ
Photo By スポニチ

 筋肉系のトラブルを抱えるJ1神戸の元スペイン代表MFイニエスタの戦列復帰は、6月中旬以降にズレ込む可能性が高くなった。26日の湘南戦(ノエスタ)を前に吉田監督は「まだ合流できていない。(状態を)上げる動きはできていない」と渋い表情。湘南戦だけではなく磐田戦(6月1日)出場も極めて難しいと示唆した。

 イニエスタは鹿島戦(12日)で1度復帰するも同じ箇所を負傷。横浜戦(18日)は欠場していた。一方、発熱していた元ドイツ代表FWポドルスキや腰椎骨折などで離脱していたDF初瀬は順調に回復し、磐田戦には間に合う模様だ。チームは暫定ながらJ2降格圏16位に転落。徐々に離脱者が戻ってくるのは朗報でも、V字回復には年俸33億円のスーパースターの完全復帰が欠かせない。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「コパ・アメリカ(南米選手権)」特集記事

2019年5月26日のニュース