鹿島 屈辱の失点記録…開幕戦以来の黒星喫す

[ 2019年4月15日 05:30 ]

明治安田生命J1第7節   鹿島1-3FC東京 ( 2019年4月14日    味スタ )

<FC東京・鹿島>敗戦に肩を落とす鹿島イレブン (撮影・大塚 徹)
Photo By スポニチ

 鹿島が開幕戦以来の黒星を喫した。

 堅守を誇ってきた鹿島が前半30分までに1点も取れず3失点するのは、27年目のJリーグで史上初めてという屈辱の記録となった。前半終了間際に三竿、後半頭から安部を投入して流れを引き戻したが、得点はレオ・シルバの3戦連発となるミドル弾のみ。三竿は「今日は単純に個々でやられていた。もう一回、一人一人が、プレーの責任だったり強度を練習から突き詰めていく必要がある」と訴えた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2019年4月15日のニュース