川崎F大島 復帰戦フル出場でV弾お膳立て「次につながる」

[ 2019年4月15日 05:30 ]

明治安田生命J1第7節   川崎F1-0鳥栖 ( 2019年4月14日    駅スタ )

<鳥栖―川崎F>後半、鳥栖・金崎(右)のドリブルを阻止する川崎F・大島
Photo By 共同

 川崎Fの18年W杯日本代表MF大島が復帰戦を勝利で飾った。左腿痛を訴え3月10日の横浜戦を開始直前に回避して以来約1カ月ぶりとなった鳥栖戦でフル出場。後半6分には縦パスで知念のリーグ戦3試合連続ゴールとなる決勝弾をお膳立てした。中村、守田、谷口ら多くのケガ人を抱える中、価値ある敵地での今季2勝目。背番号10は「結果的にゼロに抑えられたので次につながると思います」とホッとした表情を見せた。

 一本で局面をガラリと変えるパスが大島の真骨頂。だが守備での貢献も実は大きい。寄せの速さと危機察知力は随一で、この日も何度も相手のパスをカットした。チームが波に乗れない中、攻守のキーマンが復帰。3連覇へ向けてここから巻き返す。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2019年4月15日のニュース