14歳のロナウジーニョJrがクルゼイロと長期契約 七光り利用せず実力で入団テスト合格

[ 2019年4月6日 20:19 ]

 バルセロナなどで活躍した元ブラジル代表FWのロナウジーニョ氏(39)の息子、ジョアン・メンデス(14)がブラジルの名門クルゼイロと長期契約を結んだ。

 5日にクラブが発表。期間は20歳の誕生日前日(2025年2月21日)までの約6年間で、当面は練習生として下部組織でプレーする。クラブ公式サイトでリベイロGMは「近い将来プロチームに加わると思う。フィジカルのサイズと技術の高さを兼ね備え、FWでもセカンドストライカーとしてもプレーできる。体は大きい(1メートル78)が、スピードがあり決定力も高い」と大きな期待を寄せた。

 ロナウジーニョ氏と2004~2007年に結婚していたジャナイナさんとの間に生まれたジョアン・メンデスは、昨年に自身がロナウジーニョ氏の息子であることを隠してクルゼイロの入団テストを受け、実力で合格。U―13チームでプレーしてきた。「私にチャンスを与えてくれたクラブに感謝している。ブラジルで最も大きなクラブでプレーできるのは幸せ。クルゼイロとプロ契約してミネイロン(本拠地)でゴールを決めるのが夢だ」と意気込みを語った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2019年4月6日のニュース