鹿島FW山口一真に期待 加入2年目、気迫のプレーでゴール狙うスーパーサブ

[ 2019年2月27日 19:10 ]

鹿島の山口
Photo By スポニチ

 鹿島に今季、台頭への期待が高まるFWがいる。FW山口一真。阪南大から加入2年目の23歳だ。リーグ2連覇中の川崎Fとの試合(3月1日)に向けて行われた27日の紅白戦では、サブ組ながら観客席から感嘆の声が沸くほどのプレーを見せた。

 2本とも右MFに入り、魅せた。1本目は攻撃で。主力組のセンターバックを抜き去ってゴール右からシュートを突き刺した。2本目は守備で。主力組のサイドハーフのトラップをかっさらい、猛スピードで縦に走ってGKにパスを返した。

 「(食ってやろうという)そういう気持ちしかない」。ひとたびスパイクを履けば、練習から気迫を前面に押し出す。公式戦初戦となった19日のACLプレーオフ・ニューカッスル・ジェッツ戦では、途中出場すると後半ロスタイムに力強いサイド突破からクロスでダメ押し点をアシスト。結果を残した。

 「小学生の頃から点にこだわっていた」という生粋の点取り屋。「自分がなりたいサッカー選手の像がある」という。攻撃時のポジショニング、パスを受ける位置。「全然だめ。まだ勢いでやっている」。自分の中で及第点にも届いていない理想を求め、ボールを蹴り続ける。

 2日後に迫る強豪・川崎Fへの意気込みを問われると、こんな風に言った。「川崎Fだからどうこうとかは考えていない。試合に出たら、どこが相手だろうが、点を取りにいく姿勢を見せるだけ」。いかなる相手でも、山口の意識はゴールだけに向く。エースのFW鈴木が20日の負傷で全治2カ月の再離脱を強いられた中、スーパーサブの爆発に要注目だ。(波多野 詩菜)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年2月27日のニュース