横浜DFティーラトン、部分合流 ルヴァン杯札戦メンバー入りも

[ 2019年2月27日 05:30 ]

 左内転筋損傷のため別メニュー調整が続いていた横浜のタイ代表DFティーラトンが、全体練習に部分合流した。

 宮崎キャンプ中の8日に負傷した患部については「もう大丈夫。いつでも試合に出られる」と違和感はないという。左サイドバックは開幕節のG大阪戦でDF高野が高いパフォーマンスを披露し、ポジション争いは熾烈(しれつ)を極めるが、タイの英雄は「やれる自信はある」と闘志をみなぎらせた。順調にいけば3月6日のルヴァン杯・札幌戦でメンバー入りする可能性もありそうだ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「コパ・アメリカ(南米選手権)」特集記事

2019年2月27日のニュース