川崎F、3連覇に死角なし 新戦力L・ダミアンが名刺代わりのV弾「必ず今季もタイトルを獲れる」

[ 2019年2月16日 15:56 ]

富士ゼロックス・スーパー杯   川崎F1―0浦和 ( 2019年2月16日    埼玉 )

<川崎・浦和>後半7分、レアンドロ ダミアン(左)がゴールを決め小林悠と喜び合う(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 史上2チーム目となるJ1リーグ3連覇を目指す川崎Fに大きな武器が加わった。後半7分、今季新加入の元ブラジル代表FWレアンドロ・ダミアン(29)が決勝ゴール。新戦力の名刺代わりとなる一発で、川崎Fが今季1冠目を獲得した。

 後半7分、左足で決勝ゴールを決めたL・ダミアンは試合後のヒーローインタビューで「アリガトー!」と日本語で第一声を発して笑顔。「本当にすごくうれしい気持ちでいっぱいです。フロンターレとしてカップ戦初めてのタイトルということで、自分の力でチームにそのタイトルをもたらすことができてすごくうれしく思っています。本当に来日した時から皆さんがすごく温かく迎え入れてくれたことに感謝しています」と満足げな表情を見せた。

 ゴール後には、主将のFW小林悠(31)とお互いの両手人差し指を合わせる「ドラゴンボール」の合体技「フュージョン」パフォーマンス。「自分たちは本当に強いチームだと思っています。きょうここで見せられたように必ず今季もタイトルを獲れると思っています」とリーグ3連覇へ自信を見せた。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2019年2月16日のニュース