香川、衝撃の新天地デビュー!投入から20秒で初ゴール 直後に直接FKで2点目

[ 2019年2月4日 03:10 ]

トルコ1部   ベシクタシュ6―2アンタルヤスポル ( 2019年2月3日 )

香川真司
Photo By スポニチ

 トルコ1部のベシクタシュに移籍した元日本代表MF香川真司(29)が3日、アウェーで行われたアンタルヤスポル戦の後半36に途中出場。20秒後に訪れたファーストプレーで移籍初ゴールを決めると、その直後に直接FKを決めて2点目を奪う衝撃の新天地デビューを飾った。

 4―1とリードした後半36分に投入された香川。すると、その20秒後にファーストプレーで初ゴールを決める。中盤でボールを受けて中央に切り込み、シザースで相手DFを翻ろう。DFの股下から右足インサイドでシュートを放つと、ゴール左下に移籍初ゴールが突き刺さった。

 その直後には、直接FKのキッカーに名乗り。ゴール正面20メートルほどの位置から、縦に鋭く落ちるシュート放ち、この日2点目を決めた。

 デビュー戦でいきなり2得点を奪う衝撃の新天地デビュー。ベシクタシュのサポーターに強烈なインパクトを与え、6―2の大勝に貢献した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2019年2月4日のニュース