中島翔哉 アルドゥハイルが獲得を正式発表 

[ 2019年2月4日 01:53 ]

中島翔哉
Photo By スポニチ

 カタール1部の強豪アルドゥハイルは3日、クラブ公式サイトでポルトガル1部ポルティモネンセから日本代表FW中島翔哉(24)を獲得したことを正式発表した。

 リーグ再開(9日)に向けて既にチーム練習に合流しているということで、練習姿の写真が掲載された。移籍期間、移籍金など詳細は未公表。ポルトガルメディアなどでは移籍金は3500万ユーロ(約43億7500万円)と報じられていた。

 中島は2017年8月にFC東京からポルティモネンセに移籍。1年目の昨季はリーグ10得点12アシスト(29試合)と活躍し、今季も前半戦で5得点(13試合)をマーク。ポルトガルメディアではプレミアリーグのウルバーハンプトン、レスター、サウサンプトン、ポルトガル1部の強豪ポルトなどが移籍先候補に浮上していたが、ポルティモネンセが設定した移籍金が4000万ユーロ(約50億円)と高額であることから交渉難航が伝えられていた。

 中島は日本代表のアジア杯メンバーに選ばれたが、大会開幕直前に右ふくらはぎ負傷のため離脱した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2019年2月4日のニュース