元浦和・山田暢久氏が監督デビュー!元同僚・永井と“対戦”も黒星発進

[ 2019年2月4日 05:30 ]

神奈川県社会人サッカー選手権 ( 2019年2月3日    馬入ふれあい公園 )

13年に引退した元浦和DFの山田暢久氏
Photo By スポニチ

 元浦和DFで日本代表経験もある山田暢久氏(43)が監督デビューした。

 1月に神奈川県社会人リーグ1部のイトゥアーノFC横浜の監督に就任。神奈川県社会人選手権2回戦で元同僚の永井雄一郎(39)が選手として所属しているFIFTY CLUBと対戦、1―3で敗れた。「まだ10回も練習をやっていない。ベンチで見ていてやりたくなった。永井も出ていたし」と振り返った。13年の引退後も浦和に残っていたが、17年2月に退団。「まだセレクションをしている」とチームづくりはこれからだ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2019年2月4日のニュース