南野 得点への執念強く「意識変わらない」、殻打ち破る

[ 2019年1月24日 05:30 ]

アジア杯準々決勝   日本―ベトナム ( 2019年1月24日    UAE・ドバイ )

フィジカルトレーニングをする南野(右)と大迫(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 MF南野はここで殻を打ち破る。

 今大会は出場3試合で無得点。13日のオマーン戦では警告を受けたプレーにより、アジアサッカー連盟(AFC)から罰金5000ドル(約55万円)を科された。過密日程でスタメン起用は流動的ながら、ゴールへの思いは強いまま。「(意識は)変わらない。そうじゃないとやっていけないし、そういう選手じゃないと相手にとって怖くない」と言葉に力を込めた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2019年1月24日のニュース