稲本、J3相模原へ 近日中に獲得正式発表、将来J2昇格の起爆剤に

[ 2019年1月23日 05:30 ]

昨季まで札幌でプレーしていた稲本
Photo By スポニチ

 J3相模原が今季新戦力の目玉として元日本代表MF稲本潤一(39)を獲得することが22日、分かった。複数の関係者によれば、既に条件面などで基本合意し、近日中にも正式発表される見通し。近い将来、J2ライセンス取得と昇格を目指すクラブにとって最強の補強となりそうだ。

 近い将来のJ2昇格を目指す相模原が、再びビッグネームの獲得に成功した。W杯、プレミアリーグでも活躍した稲本が新たな戦いの場としてJ3に新天地を求める。関係者によれば、この日までに条件面などで合意したという。クラブ幹部は「豊富な経験、実績をチームに還元してほしい」と明かした。

 昨季の稲本は札幌で公式戦8戦に出場。フィジカルの強さ、攻守にアグレッシブさは健在でコンディションも悪くない。昨季終了後、札幌側からは国内屈指の実績も買われ、スタッフとしての入閣も打診されたという。それでも稲本は「まだまだ現役でやるつもり」とピッチへの強い思いを見せ、新たな移籍先を探していた。

 相模原では今季から新潟、J3長野の監督を歴任した三浦文丈新監督(48)を招へい。昨季限りで元日本代表GKの川口能活氏(43)が引退するなど選手構成も大幅に入れ替わり、新たな土台をつくる年となる。3度のW杯出場、アーセナル、Eフランクフルトなど欧州でも実績十分の稲本は新たな顔、支柱として期待される。

 相模原では近い将来のJ2ライセンス取得を見据えており、稲本獲得も起爆剤となりそうだ。クラブ代表を務める望月重良氏(45)とは日本代表時代の“戦友”で、00年アジア杯では同じ優勝メンバーだった縁もある。今オフは同じ黄金世代の小笠原満男氏をはじめ、中沢佑二氏、楢崎正剛氏らかつての盟友が続々と引退表明したが、稲本のサッカー人生は新章を迎える。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2019年1月23日のニュース