フュルト井手口 デビュー弾!移籍後初先発で1年ぶりの歓喜

[ 2018年9月16日 05:30 ]

ドイツ2部   フュルト4―1キール ( 2018年9月15日 )

<フュルト・キール>井手口は、ドイツ2部フュルトに移籍後初先発しデビュー弾を決めた
Photo By 共同

 ドイツ2部フュルトMF井手口が移籍後初先発でデビュー弾を決めた。ホームのキール戦にフル出場。1―0の後半15分、ゴール前へ走り込み、パスを右足で押し込んだ。クラブでの公式戦得点はG大阪時代の昨年9月20日に決めた天皇杯4回戦柏戦以来1年ぶりとなった。

 W杯ロシア大会日本代表メンバーから落選し、出場機会を求めて期限付き移籍を決断。「早くチームの力になれるように頑張りたい」と語っていた通り、結果を残した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2018年9月16日のニュース