山中“マンC流”で横浜に初勝利を!左SBデルフを参考に

[ 2018年3月2日 05:30 ]

 “マンC流”で今季初勝利を狙う。横浜は2日の柏戦に向け、横浜市内で約1時間半の最終調整を行った。DF山中は「(開幕戦の)C大阪戦の時は自分たちのミスからチャンスをつくられた。集中してやらないと」と気を引き締めた。

 今季は攻撃時にサイドバック(SB)の選手が昨季よりも高いポジションを取って中央に絞り、ボランチのような仕事をこなすことを求められている。山中は似た戦術を採用し、プレミアリーグ首位独走中のマンチェスターCの試合映像をチェック。自身と同じ左SBデルフのプレーを参考にしているという。C大阪戦で先制点をマークしたレフティーは「チャンスがあれば決めたい」と古巣対決での2戦連発を期した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2018年3月2日のニュース