なでしこ アイスランド下し大会初勝利 宇津木がVヘッド弾

[ 2018年3月3日 02:20 ]

国際親善大会アルガルベ杯 グループステージ   日本2―1アイスランド ( 2018年3月2日 )

 サッカーの女子日本代表なでしこジャパンは2日(日本時間3日)、国際親善大会アルガルベ杯グループステージの第2戦でアイスランドと対戦。2―1で今大会初勝利を挙げた。

 2―6と大敗したオランダ戦からスタメンを10人入れ替えて臨んだなでしこジャパンは前半15分、DF清水の右からのクロスにFW菅沢が合わせ先制。途中からはにわか雨も降り出しコンディションが悪化する中、その後もアイスランドゴールに襲いかかるも得点ならず。

 雨が上がった後半もなでしこがゴールに迫るシーンが続いたが、後半29分、アイスランドのDFビゴスドッティルに同点ゴールを決められてしまう。このままドローで終了するかと思われた40分、右サイドからのコーナーキックを起点に最後はDF宇津木が頭で合わせ勝ち越しゴールを決めた。

 なでしこは5日(日本時間6日)にデンマーク代表とグループステージ最終戦を戦う。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2018年3月2日のニュース