田嶋会長「ぜひやりたい」W杯キャンプ地にU20代表同行計画

[ 2018年3月2日 05:30 ]

 日本サッカー協会の田嶋幸三会長は1日、都内での講演で、W杯ロシア大会で日本代表のキャンプ地となるカザンに、U―20日本代表を編成して同行させる構想を明らかにした。今後クラブなどとの交渉を進める。実現すれば初の試みとなる。

 20歳以下の選手は20年東京五輪で活躍が期待される年代。将来を見据えて若手にW杯の雰囲気を経験させるとともに、対戦相手を想定した実戦形式の練習などでサポート役を担うという。田嶋会長は「若いチームを連れて行くのは(前回W杯優勝の)ドイツもやっていたこと。ぜひやりたい」と話した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2018年3月2日のニュース