マンC 今オフ補強1号で期待の若手を獲得 移籍金61億円超

[ 2017年5月27日 18:03 ]

 イングランド・プレミアリーグで今季3位のマンチェスター・シティーが、今オフの補強1号で期待の若手を獲得した。

 26日、モナコ(フランス)からポルトガル代表MFベルナルド・シウバ(22)を獲得したと発表。英BBC放送によると、移籍金は4300万ポンド(約61億4900万円)で、英クラブで歴代7位にあたる。グアルディオラ監督は「頭が良く、フィジカルも強い。中盤のどこでもプレーできる素晴らしい選手」と高く評価。シウバは「グアルディオラ監督に指導してもらえるチャンスにノーとは言えない」と名将の下でプレーできることを喜んだ。

 “リトル・メッシ”と呼ばれ、モナコで10番を背負ったシウバは、14年にベンフィカ(ポルトガル)から期限付きで加入し、15年に完全移籍。今季はリーグ37試合に出場して8得点9アシストをマークして17季ぶりのフランスリーグ制覇に貢献した。13季ぶりの4強入りした欧州CLでは11試合で2得点1アシスト。決勝トーナメント1回戦ではマンチェスターCを相手に1アシストをマークした。

 マンチェスターCは、グアルディオラ監督就任2季目に向けて大幅に選手を入れ替える見通しで、既にGKカバジェロ、DFサバレタ、DFクリシー、DFサニャ、MFヘスス・ナバスらの退団が発表されている。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2017年5月27日のニュース