田嶋会長 日本代表の人選を評価「監督は見ている」

[ 2017年5月27日 05:30 ]

 日本サッカー協会の田嶋会長が日本代表のハリルホジッチ監督のメンバー選考を評価した。

 常連組のMF清武、DF森重、GK西川らを外して、DF宇賀神、三浦、MF加藤、GK中村の4人を初招集したことを受け「監督はよく見ていると思う。皆、緊張感を持ってやれるのではないか」と期待した。27日にU―20W杯1次リーグ最終戦でイタリア代表と対戦する日本代表にも言及。3位でも決勝トーナメント進出の可能性があるが「先のことを考えるといいポジションで突破しないと」と語った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2017年5月27日のニュース