川淵最高顧問も賞賛「感慨ひとしおどころじゃない」

[ 2017年2月27日 05:30 ]

明治安田生命J2第1節   横浜FC1―0松本 ( 2017年2月26日    ニッパツ )

<横浜FC・松本>試合後、JFAの川淵三郎最高顧問(右)と笑顔で話す三浦
Photo By スポニチ

 Jリーグ開幕当時にチェアマンだった日本サッカー協会の川淵最高顧問も「何が何でも来ようと思って」と駆け付けた。

 1993年5月15日の歴史的なJリーグ初戦に出場した選手が、今もピッチを駆けている姿を見て「感慨ひとしおどころじゃない。もう(50歳の選手は)出てこないだろうな」と喜んだ。「次の試合に出ればマシューズを超えて世界記録になる。ギネスに申請できるね」と、50歳5日までプレーした元イングランド代表FWスタンリー・マシューズ超えを期待した。実際の「世界最高齢サッカー選手」のギネス記録はウルグアイ2部カナディアンズに所属するMFロベルト・カルモナの54歳。キャプテンの構想を現実にするには、カズはまだまだ現役を続ける必要がありそうだ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2017年2月27日のニュース