大迫 4戦ぶりのリーグ戦ゴール!今季5発目

[ 2017年2月27日 05:30 ]

ブンデスリーガ第22節   ケルン1―3ライプチヒ ( 2017年2月25日 )

 ケルンのFW大迫が4試合ぶりのリーグ戦ゴールを挙げた。

 0―2で迎えた後半8分、相手DFよりも素早くゴール前のスペースを見つけて走り込み、右からの折り返しに滑り込みながら伸ばした右足を合わせた。今季5発目。ブンデスリーガ公式サイトに「1―2にすれば、引き分けや勝ちに持っていける試合だと思っていた。必死に飛び込んでいった」とコメントした。ドイツ紙ビルトの採点は3点(最高は1で最低は6)とまずまずだった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2017年2月27日のニュース