武田氏も駆け付けたが…カズ「名前忘れてしまいました」

[ 2017年2月27日 05:30 ]

明治安田生命J2第1節   横浜FC1―0松本 ( 2017年2月26日    ニッパツ )

<横浜FC・松本>横浜FC・三浦は北沢(左)と武田両氏と3ショット
Photo By スポニチ

 J2横浜FCのFW三浦知良が50歳の誕生日を迎えた26日、J2開幕戦となるホームの松本戦で先発出場。最年長記録を更新し、50代初のJリーグ公式戦出場を果たした。神戸時代の2005年以来12年ぶりの開幕ゴールはならなかったが、1―0で勝利に貢献した。

 【カズと一問一答】

 ――50歳でプレーしたことについて

 「18歳でプロになった時も30歳、40歳の時も50歳で(現役)なんて考えていなかった。いろんな人の支えがあった。チームメートも僕のことで周りがざわつくことがあっても文句ひとつ言わず、受け入れてくれる。感謝したい」

 ――報道陣は74社206人、観衆も満員でした

 「心を打つサッカーをしていければ集まると信じて気持ちの入ったサッカーをしていかないと。今日は気持ちが入っていたと思う」

 ――毎日続けられる理由

 「サッカーが好きということに尽きる。というか子供の頃からサッカーしか知らない。情熱と体が続く限り、サッカーに対して失礼のないように全力を尽くす」

 ――盟友の北沢豪氏、武田修宏が駆けつけたが

 「キーちゃん(北沢)は東京マラソンで4時間切りましたよ、と。グアム自主トレに参加したおかげと社交辞令で言ってました。タケ…なんでしたっけ、もう1人の方は名前忘れてしまいました(笑い)」

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2017年2月27日のニュース