C大阪 白星スタート、山村決勝ヘッド 大熊監督は「まだまだ」

[ 2016年2月28日 19:39 ]

<J2 町田・C大阪>後半26分、ヘッドでゴールを決めるC大阪・山村

明治安田生命J2第1節 東京V1―0札幌

(2月28日 味スタ)
 新生C大阪がJ2開幕戦を白星で飾った。敵地での町田戦はチケットが完売し、観衆1万112人を集めるなど超満員。声援を背に積極的にくる相手に対し、序盤から何度も決定機を作られ圧倒される。だが、耐えしのいで迎えた後半26分に、MFブルーノ・メネゲウのCKから山村が頭で合わせ決勝点。数少ない好機をものにし、昇格してきた町田を何とか1―0で振り切った。

 柿谷や杉本が復帰し、助っ人3人も全員が入れ替わった。スタメン11人のうち7人が新加入で、MFとFWは全員が新しい顔ぶれだ。開幕戦で勝ち点3を得たとはいえ、攻守にわたって連係面など課題は多く、修正が必要な状況。大熊監督は「まだまだやんなくちゃいけないことがある」と気を引き締め直した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2016年2月28日のニュース