リオ男子五輪サッカーは8・4開幕 16チーム中15チームが決定

[ 2016年1月31日 06:53 ]

<韓国・日本>後半、同点ゴールを上げて喜ぶ矢島(右)と 室屋
Photo By スポニチ

U―23アジア選手権決勝 日本3―2韓国

(1月30日 カタール・ドーハ)
 リオデジャネイロ五輪最終予選を兼ねたU―23アジア選手権で6大会連続の本大会出場を決めた日本は30日、決勝で韓国を3―2で破り優勝。8月4日から始まる五輪には、アジア覇者として臨むことになった。

 リオ五輪のサッカー男子は16チームが出場。すでに開催国のブラジル、アジアから日本、韓国、イラク、南米からアルゼンチン、アフリカからナイジェリア、アルジェリア、南アフリカ、北中米カリブ海からメキシコ、ホンジュラス、オセアニアからフィジー、欧州からスウェーデン、ポルトガル、デンマーク、ドイツの出場が決まっている。残り1つの枠を、コロンビアと米国で行われる大陸間プレーオフの勝者が得ることになる。

 五輪では24歳以上のオーバーエージ(OA)枠の選手は3人まで出場可能。4チームずつ4グループに分けられ総当りのリーグ戦を行い、その後各グループ上位2位による決勝トーナメントが行われる。

 日本は前回12年ロンドン五輪では4位。今大会では68年メキシコ五輪で3位となって以来のメダル獲得に挑戦することになる。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2016年1月31日のニュース